1. >
  2. >

ハイゼットトラック S500P系のこれから多くなるだろう ステアリング系故障修理編要注意予防!

水戸市・ひたちなか市・那珂市・東海村・常陸太田市で安心車検・修理整備・タイヤ販売・オイル交換・中古車販売・ダイレクト販売・中古車ひろば・オークションエージェント・JAF入会取り扱店
丸石自転車・ダイハツ・スズキ・タイヤピット店・ドライブレコーダーアプティ・アクセル見守り隊販売取付店・水性サビ止め110番販売協店の瀬谷モータースサービス工場です。

今回は、これから増えるであろうS500P、S510P系ハイゼットトラックのパワーステアリングの故障修理について記載してみます。

台風が来るので慌てて稲刈りをする農家の方からハンドルに異変が有ると工場に飛び込んできました。とりあえず籾を積んでいらっしゃったので、コンテナを下ろしてもらい、代車をお貸しして点検しました。

点検作業の結果、ステアリングを操作するとゴリゴリして重い。ユニバーサルジョイントかなと思い2人で手分けして室内と下回りと別れて確認するとステアリングシャフトからステアリングラックにつながるベベルギヤと言う所が怪しいと成り注意深く点検するとはっきり異音の原因である事が分かりました。さて、登録年式(28年)から言っても保証整備対象であると思いましたので、担当サービス(茨城ダイハツさんは、販社毎に担当のサービスロードマンがいる、本当に助かる)に聞くとその部品だけの交換ではなく付随してステアリングコラムホールシールドも交換してくださいとのことでした。??良く分からないので話を聞くと簡単に言えば「ステアリングシャフトの軸から土砂が侵入して、ベアリングを壊す」という事でした。

しかし農家が使う事が分かっている510系でそもそも土砂が入らないように作っていないのは、設計時の読みが甘かったんでしょうね。田んぼや畑で作業後に乗ればこうなりますよね。これを洗わないで掃除してくださいと言うのは、酷ですね。

壊れてしまったベベルギヤ

異音の出たベベルギアハイゼットパワステ異音の場所

メーカーも有る程度把握している様で、対策部品(同じ物を頼むと防水性能がアップした変わった対策品が出てくるという事です)が出ていますので合わせて交換と成ります。

 

ステアリングコラムシールド故障の元凶のコラムシールド、対策品は、真ん中に隔壁が付きます。

 

 

 

部品展開図参照

S510Pパワステガリガリ音

ピンクで囲っている左のコラムシャフトの元のカバーが対策品

壊れて異音が出ている交換部品は、右のピンクで囲っているベベルギヤの交換と成ります。

ただ交換するだけだとまた再発しますので、合わせて交換する部品が展開図の左側ステアリングコラムホールシールドです。

旧45254-B5030➡新45254-B5031

フレームNo.

S500P-0075873~からは対策済み

S510P-0201858~からは対策済み

このフレームNo.前の車両(2018/03上旬以前)は、故障前に交換を強くお勧めします。21700円のベベルギヤが駄目になる前に!ディーラー言えば部品出してもらえるんじゃないですか??特別保証が切れる前に交換しましょう。農家のお客様助かると思います。

こんな感じで故障します。

S500;S510系ステアリング操舵時の異音/ガタ/重い

遺物汚水の侵入でベベルギヤが損傷

お問い合わせは,LINEかメールで安心車検・修理整備・オイル交換・販売・中古車販売(ダイレクト販売)自動車のことなら瀬谷モータースサービス工場へ
自転車もお支払いもPayPayやLINEpay,楽天Pay,メルPay,auPay,d払い,電子マネー,T3カード。那珂市で2012年から車検代にTポイントが貯まるお店
公式LINEからこの度電話出来る様に成りましたので、是非登録お願いいたします。
TEL:0120-07-0244 LINE ID:seyamotors
〒311-0105 茨城県那珂市菅谷591-28

お問い合わせはこちら
車検は瀬谷モータースできまり! 車検専用ページはこちら